トップ

      ミラージュ・ハイブリッド ケミカルサプリメントシリーズ

      ケミカルサプリメントシリーズラインナップ

2017年1月14日土曜日

TA07ボールデフ組み立てのコツ

モニター1号さんからミラージュボールデフルーブを使っての
TA07デフ組み立てのコツをレポートしていただきました。
参考にしてみてくださいね^^


組み立て方
①工具の脱脂
  使う工具をよく脱脂する。
  手の脂分もできるだけ落しておきましょう。



②各部品の脱脂
  デフ部品全てを脱脂する。
  部品はできる限りわける


③デフスプリングの慣らし
  新品のスプリング長さは約7.2mmぐらい
  使うと約6.2mmぐらいに縮まる。
  新品はペンチでつぶすがあまり力を入れると縮みすぎて
  適切なプレッシャーが得られない。概ね6.5mmぐらいを
  目安にする。


④ボール、デフリングのグリス塗布と組み付け
  あらかじめボールにグリスを塗布(まぶす感じ?)

  デフリングに塗布、指で薄くのばす
  ※ボールに塗布しているのでプーリのボール穴にはグリスは入れない
特に硬いグリスは重くなる要因になる。


⑤スラストの組み付け
  モリブデン系のグリスをたっぷりとつけて組み付ける。
  この際、ネジ部につかないよう注意する。
必要に応じて組み付け後、脱脂する。


⑥組み立て
  一気に締めると、デフリングの歪み、スプリングが縮み過ぎる等が生じるので
  少しづつ締める。

この際、締めたら回すを繰り返してグリスを馴染ませながら作業する。
  ※スラストの組み付け、リングの歪みがあると回した際に
ゴリゴリした感触があるので組みなおす。
  締め加減は、ちょっと滑るかなぐらいでやめる


⑦組み付け・調整
  車体に組み付けて、片側のタイヤを押さえて
30秒から1分ぐらい回す(左右)
  滑らない位置まで少しづつ締める(5~10分ぐらいの角度で)
  なお、組み付けてタイヤをつけた状態で締め込みを
確認する場合はあまり力を入れない。
タイヤの外形でトルクが掛かり過ぎる。


⑧実走慣らし

  ⑦の調整が終わったら実走負荷で2、3分程度走らす。その後滑りを確認して、滑るようなら
  
⑦と⑧の作業を繰り返す。
  ※このボールデフグリスは2、3パック走ると
グリスが馴染んで軽くなるようです。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ